夏のイベント続々

7月に入り気温も上がり、北海道も夏本番を迎えました。3連休を利用して海や山などレジャーを楽しまれた方も多いのではないでしょうか。

さて、私は金曜日に地元千歳の歓楽街の通りに新しく命名された「酔い街通り」のイベントにも参加させていただき、祝辞と餅蒔きのお手伝いをさせて頂きました。
また、翌日には千歳の夏まつりオープニングやスカイビア&YOSAKOI祭などの行事に参加してまいりました。この様なイベントでは普段なかなかお会いする機会の少ない市民の方々とお会いすることができ、地元の抱えている問題であったり、道に対する要望を直接お聞きする事が出来るので、貴重な時間を過ごさせていただきました。

翌日は、千歳市の姉妹都市アラスカのアンカレッジ市や鹿児島県指宿市から来訪された、ミスアンカレジ&指宿菜の花レディーの皆様との交流会に参加し、北海道との都市間交流や海外交流についての大切さを改めて再確認し、お互いの親交を深める事ができました。

連休の最終日は、北加伊道(ほっかいどう)と命名されてから、来年7月17日に150年を迎えるにあたり 、新しく制定された「北海道みんなの日」の式典に出席してきました。
式典には、高橋はるみ知事をはじめ道内の市長や道議会議員、その他各関係者に参列頂き、道議会の大谷亨議長が北海道みんなの日を制定したことを宣言いたしました。
知事からも、さまざまな取り組みを進め豊かな北海道を築いていきたいとのお話もあり、あらためて気の引き締まる思いでした。