平成30年第12回環境生活委員会

2018年09月10日

1.歴史・文化・自然「体感」交流空間構想素案について

道では、昨年11月に策定いたしました「百年記念施設の継承と活用に関する考え方」をもとに、幅広く意見を聴取し議論を深めながら、今年度中に再生に向けた構想を取りまとめることとしておりますが、今回の構想素案の取りまとめに当たりまして、どのような取り組みを進めてきたのか

北海道博物館については、 5カ年の中期目標と計画を策定し、着実に取り組みを進めるとしているが、どのような視点で目標等を策定し、取り組みを進めていく考えなのか

開拓の村については、博物館の役割を基本に、国内外からの旅行者をターゲットとした観光拠点や、古民家再生等の人材育成拠点としての活用を図ることとしてますが、これらの拠点としての取り組みを進めることとした背景と、今後の方向性について百年記念塔の歴史的建造物としての意義をどのように認識しておられるのか、また、解体した場合に設置することとしている新たなモニュメントについて、どのようなものを考えているのか 

野幌森林公園について、 北海道博物館や開拓の村を初め、エリアが一体となって歴史、文化、自然を体感し、交流する空間として再生するためには、これらの施設間を結ぶアクセスの整備や、アクセス空間における魅力づくりについて道の意見をお伺いしました。